FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セカンドアカウント 海乙女

セカンドアカウント/No2

ゴールドシーの海人

キャラクター名: 海乙女 LV48

職業:狙撃手

詳細: あたしのキャラクターさんの中で、狩りも貿易、戦闘もしない生産メインのキャラクターさんの1人です。
     ほとんどの生活を海で過ごすために作られています。
     主な役割は、養殖場の管理、珊瑚やパールの生産、料理の材料(お魚・甲殻類)を集めることです。
     漁船を持っているため、遠洋まで魚を釣りに行くことができます。
     装備はなく、水着を着用しているだけなので、装備ポイントは0に近いです。(*‘ω‘ *)☆

陸地に上がるときは稀です。

キャラクター設定: グィオニードの森で生まれたメディは、海に憧れてツインクラウンに辿りつきます。養殖場を開いて
            100年、いつしか人々から海に住む乙女と呼ばれ、本当の名前も知られなくなりました。
            今では、海乙女と呼ばれ、海に住み、時折、イジの灯台付近の岩場などで目撃されています。
            長く海に居続けたために、森のように濃い緑色の髪が海の藍色に変化してしまいました。
            良質な珊瑚やパールを生産して、各製作者の元へ届いています。
            

暑さが苦手なので、陸ではお気に入りはこの池になります。

戦闘スタイル: 弓を得意としていましたが、数100年の間使っていないのですっかり忘れてしまってます。
          武器はすべて倉庫の中にしまっているため、まったく戦闘になりません。
          
5種類の水着を持っていて、中には大胆なものもあります。

エルフ固有のスキルを活かした役割と言えます。

生活スタイル: ツインクラウン周辺で釣りをしたり、養殖場を管理しています。
          漁船に乗って遠洋で釣りをしたりすることもあり、時には旧大陸近くで釣りをすることもあります。
          釣りと採集の練度が高く、元々のエルフ固有スキルで、水の中の行動力が優秀な為
          そのほとんどを海の中で過ごすことになりました。



        


テーマ: ArcheAge | ジャンル: オンラインゲーム

セカンドアカウント ダークリディム

セカンドアカウント/No1

褐色の雷火

セカンドアカウントメイン: ダークリディム 継承者レベル7

職業:リーバーをはじめ魔法職全般

所属遠征隊:なし

詳細:姿形は、ファーストアカウントメインのリディム☆と瓜二つですが、すべてにおいてリディム☆を上回る火力を
    持っています。メインのリディム☆が光だとすれば、ダークリディムは完全に闇。
    冷静に冷徹に立ちふさがる敵を倒していきます。
    死の適性を中心に、幻術や魔法と魔法系で構成された職業を選択しています。
    近接・魔法と両立させることができ、剣と盾、そして魔法と器用な一面を見せます。
    雷の魔法を好んで使い、倒すことよりも相手を苦しめて時間をかけて倒すという性質が彼女の闇を物語っている
    気がします。
    

普段はメイド服を着ています。

立ち振る舞いなどで怪しまれない活動をしている。

キャラクター設定: ダークリディムは、リディム☆の双子の姉として産まれましたが、双子は禁忌であるという理由から
            影として生きる運命を受け入れなければなりませんでした。妹を憎み、技を磨き、ついにその時が来たと
            エオガードに申し出ますが、グィオニードの森を出てリディム☆はホワイトフォレストでお店を開いていました。
            掟にとらわれて森を離れられないダークは、自由に生きているリディム☆を憎みますが、事実を知っても
            変わらず接するリディム☆に少しずつ心を許していくのでした。
            しかし、掟と自由の間で、彼女の葛藤は続いていて、彼女はいまでもグィオニードの森を出ることができずに              います。

雷の魔女と呼ばれる冷徹な魔法剣士が彼女の正体。

戦闘スタイル:基本的には、魔法を使った攻撃を好み、遠距離からの雷系の魔法を使った連携が多いため仲間内から
         雷の魔女と呼ばれています。雷の魔法の連鎖能力と切り替えて近接攻撃を行う器用さから
         戦場では厄介な妨害者として活動します。
         中間距離での戦闘が最も得意なのかもしれないです。

雷撃を好んで使うのは時間をかけて相手を倒せるから。

生活スタイル:普段は、農業や貿易をしつつ静かに暮らしています。
         特に伐採や木工といった木材を使う製作に特化していて、加工材料を使う印刷の技術が高く
         強化スクロールなどを作り出して販売しています。
         ダークが収穫する農作物は、すべて加工されてリディム☆が製作するお料理や錬金などの材料になっています。
         影の功労者です。(*´▽`*)♡



テーマ: ArcheAge | ジャンル: オンラインゲーム

低気圧

いつも笑顔で、日々前向きに生きる。
そう決めてていても、うまくいかないことはいっぱいありますよね。
青空が少しずつ×2黒い雨雲に覆われていくように、「それ」は胸が締め付けられるように
静かに広がっていきます。

ゲームの中でもクリスマスの風景が広がってきました。

こんばんわ~。リディムです (´・ω・`)ゞ゜:。
12月ですね。
忙しい日々ですが、なんとかバタバタと1日を過ごしてます。

長男が小学校に入学してから、PTCAの活動や学校行事が日常の生活に入ってきて
今まで自由に使えた時間が少なくなった気がします。

次男は、もうすぐ1歳になります、歩くのも少し上手になってきて移動もハイハイから
ほとんど歩きになりました。
油断してると転んで危ないので、起きているときは目を離せません。

娘は、おしゃべりさん。
起きてるときはずっと喋ってます。
適当なお返事をしたら、怒って機嫌が悪くなっちゃいます。
もう我儘でちょっと困ります。 (//~//;)

子供たちが成長していくのは、とてもうれしいですね。
その反面で、毎日毎日毎日…同じことを繰り返して、年を重ねて、制限された生活に
疑問を感じないこともありません…。
それも、何度もあるし、そして、何度も前向きに考え直して、また頑張ろうと立ち直っていく。

今回、それが少し難しいところまで落ちていたので、気持ちを整理するのに
昔のように日記に書いてしまおうと思ったんです。

ゲームの中でも、中途半端な状態に…

アーキエイジをはじめ、色々なことに絡めてしまうと、自由な時間を作れない事が大きいです。
あたしが、プレイしているようなゲームの事を、MMOと言います。

1人でプレイしていて、NPC(AIのプレイヤー)が協力して物語を進めていく通常のゲームと違って
多国籍・様々な年齢の人達が、仮想世界で活動して、チャットしたりして、コミュニケーションをとって
協力しつつ色々な活動をしていく。
それがMMORPGです。

あたしの場合は、妊娠して、出産、今は育児で一番時間がとれない時期でもあるので
ログインしてプレイする時間が極端に無いのが現状です (´・ω・`)
仕方が無いことなんですけど、それが1番MMOで問題だったりします。

プレイ時間の多い人と比べると、レベル差、装備差、経済格差(ゲーム内での)が付き過ぎてしまって
同じ環境で一緒に友人と遊ぶことが出来なくなってきます。
基本的に復帰したときに、それを一気に挽回しようと思った際、最も有効的な方法は、課金アイテムです。

装備を揃え、いらないものは売り、みんなと同じスタートに立つことができます。
ただ、あたしがプレイしているアーキエイジは、それだけでは解決できない問題があります。

毎日時間制で募集されるディリーや狩りをしなければ、手に入らないようなアイテムなどを使う装備などもあって
そればかりは、時間がないと参加することもできません…。
ログインすれば、農業や貿易をしてゲーム内の通貨を稼いでいきます。
したい事はいっぱい、しないといけないことはいっぱい… でも、自分には限られた僅かな時間しかない。

そう。
仕方が無い。
女ですから。
母親ですから。

…そう、自分に言い聞かせながら。

Twitterでフォロワーさんが、今日はどこへ行って、こんなお店に行って、こんなアクセサリーを見つけて
お友達とご飯を食べにきました。

正直、羨ましくて、いいねのボタンを押しながら、あたしもフラッと何処かへ行ってしまえたらと思ったり…
1歳になったばかりの次男が、よたよた歩きで掴まるところを探して、あたしの背中に小さな手を置いた
その瞬間に…あぁ、いけない(。_。;)゜:。 何を考えてるんだろう…と。

自己嫌悪で、気持ちに黒い雲がかかる。

そういう事があると、時間を見つけては、ゲームにログインして
同じギルドにいる人達のチャットを見るのがとっても好きで、何処にもいけないあたしの唯一の居場所が
そこにあったりします。


しなければいけないことはたくさん…でも。

今、所属している遠征隊は、なんだか会話がとても少なくなってきました。
アーキエイジは、アップデートを重ねて色々なコンテンツを増やして、「やること」と言うより
「しなければならない事」を増やし過ぎてしまいました。

結果、みんなが忙しくて、ゆっくりチャットしたり、時間を持て余すようなことが無くなってきました。
何にも流れない遠征隊チャットを眺めながら、何か何でも良いからチャットしてみようと話題を書き込んだりして
それでも、戦闘中だったりすると、それっきり返事が返ってこない事も多くなってきました。

いつの頃からか、ログインしても挨拶をしなくなっていく人もいました。
遠征隊の掲示板に、昔やってた、それぞれが月の目標を立てるスレッドを作ってみました。
それでも、気付いてくれた人は、ほとんどいなくて…UU。

自分の忙しさとゲーム内での忙しさ+遠征隊の仲間の忙しさ…休止の間に広がった差などで
すっかりモチベーションが下がっていきました。
今週初めは、もう遠征隊から抜けて、土地を整理して引退しようかなと思ったくらいでした。

自分自身の心も、完全に雨雲に覆われて、西の仲間や遠征隊の仲間の強化ログにすら、素直に喜べなくて
気が付いたら、終了ボタンをクリックしてログアウトしてました。

あたしって、醜いな。
ホントに自分のことばっかりだ。
他人を羨んで、他の人の幸せを一緒に喜べない。
亡くなった母が今のあたしを見たら、どう思うかしら…?
亡くなった父は、何と言ってくれるだろうか…?

今、とても空しくて寂しい。
止まない雨は無い。
それでも、陽の光が見えなくて、もがいてもがいて 何とか生きてる。

多分、みんなそうだと思います。
旦那様に、あたしはこういう人間なんだと全部話して、なんだかスッキリした気がします。
近くに居て、1番色々気を遣ってくれているのに、がんばって家族の為に、働いてくれているのに
少しでもあたしは1人だと思ってしまって…申し訳なく感じます。

いつも傍に居てくれるんだと、旦那様も子供たちも。
そしたら、なんだか陽の光が差してきました。

別にいいじゃない。
時間が無くたって、良い事もたくさんある。
無理をするのはやめて、またのんびりがんばろう。

悪いところばかりじゃなく、良いことを探そう。
そうすれば、素直に誰かの幸せを喜べる。

また今までのあたしに戻れる。

ゲームの中でも、中途半端なままで良いから、たくさん話していっぱい色んな人と知り合って
もっと繋がって、サヨナラの時にいっぱい泣きたい。

雨を降らせたら、雨雲は散って
太陽はまた輝く。
青空はどこまでも澄んで高く透きとおる。

冬野菜で和食を作ってみました。

最近は、お料理も離乳食もきちんと作ったあとに、写真を撮れるようになってきた。
ブログも少し書ける時間を作れるようになった。
トラウマになっていた人前でのイベントに参加できるようになった。

美女コンテストに誘ってくれてありがとうサキエルさん。
べーさん、アクセサリー強化おめでとうございます。
吟さん、装備叙事おめでとうございます。
ぽいふるさん、装備叙事おめでとうございます。
しずなさん、装備叙事おめでとうございます。

ほら
少しずつ
雲が無くなっていく。

メイン料理は、真鱈と大根のお煮つけです♡

運営さん、生活P獲得を収穫でできるように戻してくれた。
深淵の結晶をデルコインで交換できるようにしてくれた。
名誉Pも以前よりたくさん集められるようになっていた、戦争に参加できなくても…
ありがとうございます。

ありがとうございます。

皆さん、ありがとうございます。

こんな日記でも誰かが読んでくれてる。
ありがとうございます。

いつかの低気圧も、どこかへ吹き飛んでいきました。

書いて良かった。

それでは、今日はこれで。

ご紹介の曲は、プリシア・アーンさんで『サヨナラCOLOR』です。



いつもどこかで

同じ空の下で
同じ空を見上げて

てくてくのんびりマイペース (*´▽`*)ノシ☆





テーマ: ArcheAge | ジャンル: オンラインゲーム

ファーストアカウント リムリム

ファーストアカウント/No4

リトルチャリオッツ

サブキャラクター: リムリム

職業:マインドイーター

所属遠征隊: liberate


詳細: 小さな体だけど、他の種族には負けない機械いじりの才能を持つ新種族ドワーフです。
     あたしの使うキャラクターの中で、機械と建築・冒険に特化したキャラになっています。
     小柄な体ですが、体力が多くタンクとしての装備をしているので、非常に硬くて盾として
     前戦で戦います。
     

ドワーフが実装されて、すぐに作ったキャラクターさんです♡

何を着せても、よく似合いますよね

キャラクター設定: 元々はクロススター平原に住む妖魔の1人、仲間とマリアノープルを避けてガランドルへ出る予定が
            ホワイトフォレストに迷い込んだ。
            悪戯好きで、Cafe周辺で悪戯していたが、長い間、人に姿を変えていたため魔力が低下して
            戻れなくなってしまい、そのまま近くの魔導士の家に居候することに…。
            現実のあたしの妹をモデルに作っています。
            顔はかなり似てますねw
            小悪魔設定は、黒歴史なのでやめて欲しいといわれたんですけど、今更ですよね(*ノωノ)☆

実は正体は…

戦闘スタイル: 得意武器は、槍と盾。
          相手をスタンさせながら、転倒攻撃をつかって相手を無力化させます。
          火力自体は、そこまで高くは無いんですけど、膨大な体力と防御力でタンクとして戦います。
          集団戦闘では、襲わている人のカバーやブロックなどを行い、連続コンボの邪魔をして
          仲間の生存率を高めます。(*‘ω‘ *)

しっぽがかわいい


生活スタイル: 建築資材や税金用紙をせっせと作り、ある時は建てかけてある他人のご自宅を
          1日で勝手に建ててしまうという建築マニアです。
          ソルズにある建てかけのバンガローとホワイトフォレストのCafe近くにある住宅建設中の建物を
          チェックしていて、持ち主が気が付いたころには建物が出来ているみたいなこともあるかも知れないです。
          宝箱を開ける鍵や機械の部品など、コツコツ作って保管しています。


テーマ: ArcheAge | ジャンル: オンラインゲーム

ファーストアカウント レムリアル

ファーストアカウント/No3

鋼に恋する者

サブキャラクター: レムリアル 継承者3レベル

職業:ストームブリンガー

所属遠征隊: Bluemoon

詳細: あたしのキャラクターさんの中には、技術系の専門家がいます。
     その一人がこのレムリアルです。
     彼女の技術は、金属に精通していて、あらゆる鉱石を金属へと変えていきます。
     Cafe裏にあるアトリエの屋上で火を起こし、少しずつマイペースに鉄のインゴットをはじめ
     様々な金属製品を作り出しています。
     

頼れる技術系お姉さま

猫が苦手|ω・)!?

キャラクター設定: シラカバ村の川沿いに工房を開いていた師の元へ、ガランドルからやってきていたレムリアル
            リディム☆と一緒に話をしていたところに、川から意識を無くしたミストファングが流れ着いた。
            記憶を無くしたファングを実の妹のように気にかけている。…みたいな設定です。

            このレムリアルという名前は、まるで「現実のような現実ではない世界」という意味があるらしく
            寝ているような寝てないような状態をレム睡眠っていう感じから、なんとなく気に入ってます。
            自分で考えたものではなく、初めてプレイしたゲームのギルドにレムリアルさんという方がいらして
            リアルなお付き合いをするようになりました。
            主婦でもあり、育児の先輩でもあるんですよね。お子さんが10人いらっしゃるので、本当に大家族ですよ。
            猫が苦手なので、その設定もきちんと反映してます。
            名前も使っていいって許可されたから大事に使ってます。
            レムさん、たまにブログ観てくれているそうなので、ついに載せましたよ~☆(*‘ω‘ *)ノシ

普段は制服を着ています。

これからも、どんどん金属を製作していきます。

戦闘スタイル: 技術職で戦場には、ほとんど出ませんが得意武器は槍、そして弓。
          集団戦闘が得意で、攻撃力はそこまで高くはないですが、周囲の敵を足止めしたり
          転倒させたりと、集団戦闘の中での戦いを得意とします。
          戦場を素早く移動しながら、相手をかく乱していくスタイルです。


生活スタイル: 昔はガランドルに工房を持っていました。
          近くの採掘場で採れた良質な鉄鉱石を加工する為でした。
          自分で採掘して、加工するという効率の悪さもあり、採掘は他の人に任せてシラカバ村へ
          その後、ミストファングとの出会いで、Cafe裏の工房に住むようになりました。
          週2回くらいのペースで大量に金属を生み出していきます。
          人に任せられない星のかけらは自ら赴いて採掘しています。



テーマ: ArcheAge | ジャンル: オンラインゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。