1羽から学ぶ事

いつもの日常。
秋空の下、道端に咲く彼岸花。
みんなが見ている風景が、必ずどこかで繋がってて、あたしが歩く音も、あなたが歩く足音も
同じ星で響いてる。

旦那様が近くの防波堤でアジを釣ってきました。南蛮漬けが作れますね♡

こんばんわ~☆リディムです(*´▽`)人♡
毎晩、肌寒くなってきていますけど、風邪ひきさんになっていませんか~?
あたしの周りでも、風邪をひいてしまって頭が痛いって言っている人もいますね。

起きている時は、動き回っているので暑い気がしますけど…
朝方にかけて冷え込むので、お布団をキチンと掛けてないとダメですよ~☆d(´▽`*)

うちの子も、暑がりで夜中に気が付いたら、お布団から転がって出ている時があります。
いつも気が付いて、お布団の中に戻しても、朝起きたら足元に居る時もありますね~(。_。;)゜:。
夏は特に動きましたけど、冬はどうでしょう??
あんまり転がって欲しくないですけどね…(//"//;)気が気じゃありませんし…

今日、1次試験の結果が結果が届きました。
おかげさまで1次試験は、合格することが出来ました、メールやTwitter・Mixiでお祝いして下さった
フォロワーさん、マイミクさん、ママ友さん達、どうもありがとうございました~(〃ω〃)ゞ♡
まだ10月に2次試験があるので、浮かれないように気を引き締めて頑張りたいと思います。
試験が終わったら
福岡でショッピングする♡っていう雑念も、今は捨てておかないといけないですね~(////;)゜:。

少しずつ涼しくなってくると、鍋物も美味しくなってくる季節です。
キノコや鮭、いくら、芋類など秋の素材を使って作る鍋も美味しいですよね(*'▽'*)b

畑で採れる野菜も、少しずつ使って鍋料理を作りました。
少し前に別荘へ行った時に、鶏のいり焼きと言うお料理をご近所方から習いました。
鶏をまるまる2羽しめて作ります。

2羽の鶏ガラだけで出汁をとります。

使うのは、地鶏であるほうがいいみたいで、うちには旦那様が育てている地鶏がまだひよこを含めると
40羽近くいることになります。
少し餌は入れてますけど、ほとんどは畑に放している感じで、夕方には小屋の中に戻ってます。
時々、脱走して海沿いのほうにお出掛けしちゃう子もいるんですけど…(´▽`;)
自治会の人が、小脇に抱えて届けてくれたりします(´・艸・`;)

結婚する前にこの家に遊びに来ていて朝ご飯を作る時に、旦那様について鶏小屋に卵を採りに入ったら
大きめの鶏さんでレッドブロウって言う種類がいて、ふくろはぎの所を噛むんですよね~><。
それが、すごく痛くて後で見たらアザになってましたUU;
今ではすっかり慣れて、寄ってきたら足で払いのけてます(* >ω<)ン ←ちょっと強気

一番多い種類は、旦那様がお友達から分けて頂いた対馬地鶏っていうおヒゲが特徴の鶏さんです。
大人しいし、卵を貰うときもあんまり突っつく事もないからいいですね。
畑に自由に出しているのは、この子達で夕方になると小屋に戻ってます(*´▽`)b~♡

この子達の雛は、先月までひよこちゃんだったんですけど、今はトサカが生えてきて
姿は鶏さんなんですが、鳴き声がピヨピヨしちゃってて、なんだか複雑な気分です…((((;゚;Д;゚;))))

新しい雛が増えたということは、古い鶏さんをしめてお肉にしないといけないという事です。
お義母さんが、しめるのやってみようね?って言うので…あたしも、渋々家の裏手にある小屋にUU。
何の躊躇もなく、お義母さんが鶏さんの首をグキッって360°回転させたのを見て
尻込みしてしまい、とりあえず手で持ってって言われて、鶏さんの首を持ちます…

鶏さんも必死ですから、あたしが首を持っているだけでも暴れるんですよね(>~<。)
お義母さんが、一気にしないと苦しいからって言うんですけど、あたしは捻れなくて時間が経ったら
こういう風にやる!って、あたしの手を持ったまま、お義母さんがグキッて鶏さんの首を捻りました…

あたしは、声が出ない悲鳴をあげた感じです。
普通なら声が出るんですけど、ショック過ぎて声が全然出なかったですね…(゚д゚|||)

お義母さんから、これくらい出来るようにならないとね~って言われて落ち込んでました。
首に傷を入れて、逆さまに吊るしてしばらく血抜きをします。
終わったら、お湯を入れたバケツを持ってきて、毛をむしって、表面をバーナーで炙ります。
産毛を燃やしてしまうんですね。

その後に、解体してお肉にしていきます。
途中もずっと、お義母さんにこれくらい出来ないとダメって言われて
だんだん気分も沈んできました…゚(゚´Д`゚)゚

お肉になってしまった後は、いつもどおり調理です(* >ω<)9☆

鶏のガラや骨付きの部分、ひもっていう卵を作る部分(卵になっていく部位)を鍋に入れて
水を入れて5時間コトコトと煮込みます。
時々、アクを取り除きながらひたする煮込みます(*'ー'*)

黄金色にスープが変化してきたら、お酒とお醤油、砂糖、塩で味付けをします。
少し濃い目にしておかないと、具材が入って来たら、味が薄くなってしまいますから
それに気を付けて味付けをします。

讃岐うどんを加えれば、いり焼きうどんの完成です♡


鶏の柔らかい部分も入れて、ごぼうや蒟蒻などを入れて完成です。
ガスコンロで、グツグツと煮込みながら、白菜や葱、お豆腐など入れて食べますけど
うどんやお素麺を入れても美味しいです(*'▽'*)ゞ☆

讃岐うどんを茹でて、中に加えて食べるのも美味しいですね。
あたしもうどん大好きなんですよね~☆

旦那様が食べているのは、やっぱり別荘に行ったときに対馬から買ってきた
せん団子っていうさつま芋を干したものだそうです。
それを水に戻して、専用の押し出し器で押し出すと、ちょっとドレッドヘアみたいな感じの麺が出来ます。
見た目がちょっと変ですけど、味はすごく美味しいんですよ(*´▽`)b

「せん」って言ったり、買ってきた対馬では「六兵衛」って言ったりするらしいです。

六兵衛というさつま芋の麺で出来てます♡


冬で作物が取れないときの保存食だったらしくて、さつま芋で作るなら、あたしでも作れるかな~?って
思ってたりするんですけどね。
作り方は分からないから、いつか知りたいですけどね~

食事をしていたら、鶏さんの件で、かなりショックを受けて落ち込んでいたあたしに
お義母さんも、お婆様に教えてもらいながらやった事を聞きました。

その中で、やっぱりお義母さんも全然ダメで、これくらいやれないなら実家に帰ればいいって
言われたそうです。@@;
女は子供を産んで、立派に育てていくのが全て。
栄養を摂らせて、大きく育てて母親は強くなければいけないって言われたそうです。

お義母さん、次の日に鶏さんを練習してたくさんしめてしまって
お婆さんに「そうは言ったけど、無駄にしめろとは言ってない、あの時実家に帰せば良かった」
って言われたらしくて、今は笑い話になってますけど…

色々な意味ですごいなぁって思ってしまいます(´▽`;)

旦那様は、明日10羽くらいしめて唐揚げとかしたら?って他人事みたいにいいますけどね(//"//;)

本当にこっちは、鶏さん謝りながら頑張っているんですから、言わないで欲しいですよね!(`・ω・´)

ですけど、少しずつ染まってます(´▽`*)
かわいそうとか、ごめんなさいとか色々考えてしまいますけど、今は感謝しながらグキッてしてます。
自給自足ってこういう事ですし、いずれ自分が出来て、それをまたユーマのお嫁さんにも
教えていかないといけないんですよね…(*'~'*)ゞ

お義母さんも、子供は放っておいたら育ったってたまに言いますけど
多分、違うと思うんですよね~。

人っていい環境で、ママと子供がコミュニケーションを取り合って、普段は居ないけど
パパも必要な場面では、きちんと対応出来ていたんですよね。
自由奔放な育て方って言っても、きっとこの普段の生活の中に「育つ」きっかけがいっぱいあるんだと
思いました。(*'▽'*)

子供にとっていい環境って何なのかを考えると、何でも与えてあげる事やいい家庭教師や塾
そういうのは、あまり関係なくて…日常でいかに子供と家族とコミュニケーションが取れているか
ただそのことだけなのかなって…(´▽`*)

ニュースを見ていても思うんですよね。

事件を起こした子供は、大人しかった、いい子だった、真面目だった。
親の言うことを聞いていた優等生だったみたいな…
でも、きっと親は子供のことを理解できてなかったんだと思います。自分の言うことを聞く自分の分身
そういう風な認識がある気がします。
子供は1人の人間で、親とけっして同じでは無いんですよね(*'~'*)ゞ
それを忘れちゃう気がします。

幼児虐待もそういう意味では同じですね。
自分の思い通りに子供がならない、そのことに対して子供に当たる。
最後は、自分の人生がうまくいかないことを子供にぶつける。

家族がお互いを理解できない社会になっているのかも知れません。

大津の事件も、そういう社会の背景で起きた事件かもです。
親が子供を理解できない。子供が同じ子供を理解できない。先生が子供を理解できない
教師が教師を理解できない。多くの人が社会を理解できない。

家族って小さな社会なんですよね
そういう家族の中の繋がりが感じられないから、もっと大きな社会の繋がりを感じるなんて無理ですねUU;

震災の時に政府が『絆』っていう言葉を出して色々な政策や協力を呼び掛けました。
でも、言葉に出さなくても『絆』って感じられるものなんですよね。

言葉に出して『絆』は大事です。実行しましょうと言うのは違う気がしますし。
悲しいことに、それを言わなければ伝わらなくなっている今の社会がおかしい気がします。

国が信じられない。

議員が信じられない。

教師が信じられない。

親が、友達が、兄弟が、姉妹が…

だったら、誰を信じたらいいんですか?

自分自身を信じる?

そんな強い人なんてほんの人握りです。(*'~'*)ゞ

あたしなんて、自分が一番あてにならないかなって思ってるくらいです。
知識もないですし、特に何か得意なこともありません。
だから強くなりたいな、何もかもうまくできるような人になりたいっていつも思う。

強くしてくれるのは家族かなって思えます。
姉や妹達や旦那様やご両親とユーマ
一緒亡くなった両親も含めて、家族で強く生きていく。


たった1羽の鶏さんから、学ぶ事が多いんですよ。
考え方次第ですけどね~(*´▽`)人☆

まず身近な誰かと包み隠さず
付き合うことからじゃないかなって思います。
社会を変えようなって、大きなことを思っていなくても、十分変わっていくと思うんです。
少しずつですけどね( ゚ー゚)

それでは、今夜はこれで

いつもどこかで

きょうもてくてく(* >ω<)ノシ☆


ご紹介の曲は、高橋優さんで『 こどものうた 』です。









4 Comments

舞乃  

一羽の鶏さんから学ぶこと

リディムさんの感性で綴られているこのブログ
いつもホッと心癒されながら拝見していますけど
今日は、それにひと味ぐっとプラスされていて
あたしも「いろいろな意味ですごいなぁ」と感じています。

たぶん、リディムさんと全く同じじゃないのかもしれませんけど
自分なりにとっても刺激を受けて考えさせられました。^^

ユーマ君は、いいお母さんもって幸せだなぁ~^^

今日は5回目のリディムさんのキーマカレーです。
ほんとに美味しくて、リディムさんに感謝♪

2012/09/27 (Thu) 14:10 | EDIT | REPLY |   

ブリアレオス  

命の紡ぎ

なんと・・
前回のコメントがまさかw
食育をまさに実戦で経験済みとは・・
恐れ入りました (´・Д・)ノ

最近は子供達も過保護になりすぎて
運動会でも学芸会でも競争と言うものを知らない子が
増えてきてるようです
怖いから辛いから痛いから・・
そんな思いをさせまいと言う気持ちは分からんでもないですがw
かわいい子には旅をさせろ とか
若い頃の苦労は買ってでもしろ とかw
世の中バランスで成り立ってますよね
幸せも辛い思いをしないと気付かないですし。。
その辺も語りたいですがココは割愛するとして・・

要は何が正しいのかを判断できる力、現実を受け止める力
人としてやさしくなるには強くならないといけません
教育(躾)と環境はとても大事ですね~

鶏を絞めて食べると言う一見残酷な現実
その上で紡がれていく命だと言う事を
子供達にも受け止めて学んでいって欲しいものですね~
(。´ω`)o

2012/09/29 (Sat) 00:59 | REPLY |   

リディム  

まだまだですよ~(´~`;)

舞乃さん≫

こんにちわです(*'▽'*)~☆
まだまだママとしても、奥さんとしても全然ですよ~(*'~'*)ゞ
あたしも毎日が勉強で、色々な方から学ぶことが多いです。
他のママさん達を見て、あぁなりたいなぁ~とか、こうしてみたいとか思い描く時が多いですね。
ユーマにとっては、最高のママで居たいです。
理想ですけどね~(´▽`*)♡
カレー作られていたんですね。なんか嬉しいですね~☆ ゚.+:。(*≧∇≦*)゚.+:。

2012/09/29 (Sat) 10:59 | REPLY |   

リディム  

命を知ること

ブリアレオスさん≫

こんにちわ~(*'▽'*)☆
命を知るということは、同時に自分が生きている事も感謝出来るっていうことだと思います。
子供の世界だと、特に保育園や小学校の低学年くらいまで命が永遠だったり
リセットできるものだったりするものであるって思っていることがあります。
命の事を学ぶ機会がなくて、中学生になっても、その上になってもその考えが続いている子が
稀にいることがありますね…UU;
こういう身近な事から、学ぶ事が少なくなっている事もあると思います。

あたしは、子供にはありがとうとごめんなさいを素直に言える子に育って欲しいと思います。

競争をさせないっていうものが、保育の現場だったり
教育現場に歪んで伝わっている事が多いのかもですね(*'~'*)ゞ
子供って、競争好きなんですよね。

試験の順位や成績表の数字をその子の評価に繋げない。
みんな仲良く競争させなければ、平等に扱える。
それって偏った考えで、大人のエゴですよね…。

現場の教師が、子供の試験や成績表の数字を評価に繋げなければいいだけの話で、制度そのものを
変えてしまう必要もないはずなんです。
競争だってさせてもいいけど、それによって平等性をそこにいる教師や大人達がきちんと理解すれば
いいだけの話なんですよね。
手を繋いで、みんなでゴール(´▽`;)
保育園でもやりませんけどね。個人差はあるし、勉強はちょっと苦手でも運動会では大活躍する子も
いますし。
個性を大事にするからと言って、みんな平等にする事は、逆に個性を奪うことである気がします。
一番教育で必要な事は、あたし達、大人が子供達に何を知ってもらいたいか
何を大事にしてもらいたいかをよく考えて行動していく事だと思うんですね~(*´ー`)

2012/09/29 (Sat) 11:25 | REPLY |   

Post a comment