ヒーラー考察

今日は、前々から書こうと思っていたヒーラーについてです。
どれが正しいというわけでは無いので、ちょっとだけ参考程度になれば幸いです。(*´▽`)ゞ

ヒーラーについて考えてみました。

こんにちわ~☆リディムです(*'▽'*)
アップデートを何度か繰り返して、最初に書いたヒーラーの装備やスキルから
かなり変わったものもあるので、それを踏まえたうえでヒーラーについて考えてみました。

♡AAでのヒーラーの役割♡

まずヒーラーは、仲間のHPが減ったときに回復をするのが役目です。
もう1つは、戦闘不能になった仲間を復活させること。
この2つが大きな役割になります (*'▽'*)b☆

☆様々な回復スキル☆

回復スキルがある適性は、愛、ロマン、鉄壁になります。
単体回復は、愛、全体回復ならロマン、防御を高めながら自身を回復するスキルの鉄壁になります。
3つ選択できる適正によって、ヒーラーのメインスキルを愛かロマンするか、もしくは両方選ぶかで
回復以外にできること+αになります。

回復スキル

愛: 光と闇の祝福… 相手には攻撃ダメージ、仲間には回復というスキルです。
              単体回復は高くて、詠唱時間がありますけど、意志のフォースシールドを取っていれば
              緊急時に即時使用ができます。攻撃に使うときは杖に持ち替えたほうがいいです。

愛: レンジヒール… 周囲20m以内の仲間のHPを回復して、55レベルで2000ちょっとのバリアを張ることが出来ます。
              アップデートを重ねた結果、バリアを張れる代わりに使っても意気チャージ出来なくなりました。
              意気チャージを有効に使うためには、意志のファーストアタックと意気修練が取れるといいですが
              意気修練のポイント獲得が4個以上から6個になったので、ロマンでデュトロノミーを取ろうと思うと
              かなりポイントが厳しくなります^^;

愛:ライフシード…   30秒間、回復の種を仲間に掛けて、攻撃を受けると確率で回復する少し変わった回復スキルです。
              火力さんなどに掛けるよりも、タンクさんなどに使ってあげるほうが良いスキルです。
              ロマンで回復スキル持っていれば、最初に選択肢から外していいかもしれないです。

愛:サンクチュアリ…  5回連続でハート型の光を飛ばしてHPを回復します。MPの消耗は激しいですけど
               遠くから使えます。闇と光の祝福をフォースシールドで使うほうが速い時もあります。
               状況を見て使ってください。 動きながら使える点が良いです(*´▽`)b♡
               フォースシールドを使ったあと、闇と光の祝福も動きながら使うことができます。

ロマン: ヒーリングワルツ… 演奏を続けている限り、周囲の仲間のHPを徐々に回復していきます。
                  デュトロノミーが発生しやすいスキルでもありますね。
                  ただ演奏している間など、戦闘から非戦闘に切り替えるのが難しく
                  リザレクションが使えないという状況になることがあります。
                  演奏が続いている間は、装備を切り替えることも出来ないので注意です。

ロマン:治癒の遁走曲・・・  仲間が多い場所で使うと、次々の仲間の間で反射して回復をしていく便利なスキルです。
                  戦闘が激しくて近づけない場合、上手に反射できる仲間たちの集団を狙って使います。
                  動きまわるのが速い仲間に掛けるより、あまり動いてない人に使うのがコツです。

ロマン: 治癒の泉・・・     設置型の回復スキルで地面に魔法陣を描いて、その中に入った仲間を回復します。
                   使い所がなかなか難しいのですが、遠距離で攻撃している人の下に設置したり
                   自分の回復に使ったりと状況で使い分けます。
                   移動が激しい戦闘には、不向きなスキルです。
 
鉄壁: ストロング・・・      回復スキルというよりもバフです。
                   戦闘中もずっと少しずつ回復していきます、ベアーディフェンスを取っていると
                   回復量が上がります。 このスキルだけを取っていても、根性値が貯まります。
                   クライスヒールと組み合わせて使います。

鉄壁: クライスヒール…    根性値を使用して自分自身のHPを回復します。根性値が0の状態で使っても
                   全然回復しないので注意です。
                   ヘビーマインドを組み合わせて使うと回復量が増えます。


回復スキルについては、これが全部です。
特殊なものもありますけど、状況に応じた使い分けで、ヒーラーとしての質が変わってきます。   

ヒーラーにとって重要なもの。

♡ヒーラーにとって重要なもの♡

なかなか難しいところなんですが、ヒーラーにとって一番重要な事は、2つだけだと思います。
仲間よりも先に死なない事、それからいち早く戦闘から離脱できることです。

☆ヘイト管理について☆

他のゲームでも有るのですけど、モンスターさんの敵対心(ヘイト)は、回復職に向けられる事が多いです。
タンク(盾職)が引きつけているモンスターさんの群れが一斉にこちらに向かってくるときがあります。
回復力が高ければ高いほど、広範囲に掛けられるものほどヒールヘイトが高いです。
タゲを受けないように、敵対心を高めないような回復スキルを使うことが大事です。
その時に、もしタゲを受けたら、戦闘から離脱して、ヘイト・タゲを切る・しのぐスキルが不可欠になります。

☆ヒールヘイトを受けた時の有効なスキルなど☆

使命: ハイド・・・ 姿を見えなくして敵から隠れます。ただ近すぎると意味がないので
          使命のバックフリップやシャドゥステップ、意志のスピードスターやミラーバニッシュで
          距離をとり使うのが良いです。

幻術: 死んだふり… 死んだふりをして敵をやり過ごします。
              倒れている間にHPとMPを少しずつ回復できるのはいいですね~☆(*'▽'*)ゞ

鉄壁: インビジブル… 無敵状態になって耐えます。
               その間に仲間が引きつけるか倒してくれれば延命できます。
               ペットの挑発を使って、引きつける方法もあります。

使命: ディスラプター… スキルではなくパッシブで、ヘイトを20%減少させます。
                ヘイト減少クレセントやアクセサリーと組み合わるとストレスなく回復スキルを使えます。

☆誰を優先して回復するのか?☆

ヒーラーをしていると、仲間全部を死なせたくないという強い気持ちが出てくると思います。
その結果、回復を頻繁に使い、ヒールヘイトでタゲられてしまい、自分が先に倒れたり、タンクに使うはずだった回復スキルが
リキャスト中でタンクが倒れてPTや攻撃隊が全滅や半壊したりすることがあります。

優先は、タンクと自分、次は火力でそれなりに装備を整えている方々です。
冷たいように見えますが、装備が整っていない柔らかい火力さんは優先順位は低くなります。
お料理やポーションを使って、工夫してもらうしかなさそうです。

(*˘ーωー˘*)…ホントはみんな回復したいんですけどね。
できるだけ、頑張っていますけど、攻撃隊みたいな大勢を1人のヒーラーでカバーできるほうが難しいから
ヒーラーをしている一人ひとりが無理せずにカバーし合えればいいですよね。

装備とスキルの使い分け

☆回復スキル以外を活用する☆

HPを回復すること以外に、もう1つ役割があります。
戦闘不能に陥った仲間をリザレクションで復活させる事です。
復活の呪文書もありますけど、起き上がった時のHPの状態などがかなり違うので重要です。

それ以外にも、ロマンの笛スキルで仲間のステータスを強化したり、カツカツの減ったMPを回復したり
デバフの解除など様々な事ができます。

愛: リザレクション… 戦闘不能になった仲間を起こす事ができます。
              HPやMPがほぼある状態で復活できるうえに、減った経験値を回復できます。
              起こすの長い詠唱時間が掛かります。
              クレセントやラブクロスハット(愛)で詠唱を減らす事ができます。

愛: マナチェンジ・・・ 自分のMPを仲間に与える事ができます。アップデートを重ねて、使用した相手や自身に
              マナシールドというバリアを張ることができるようになりました。
              魔法適正のバリアとは併用できませんが、レンジヒールやアクセサリーのバリアには
              重ねて使うことができるので、延命措置としても使う事ができるようになりました。
              黒曜石装備の派生「葬送曲の両手鈍器」などを装備するとMPを回復する時に
              HPも回復できるようになり、回復スキルが増える感じで良いかもです。

愛: サルベーション… 大きな魔法陣を召喚して、中にいる味方の移動力と攻撃速度を大幅に上げます。
               逆に敵に対しては移動力と攻撃速度を下げる障害となります。
               遠くから使えるので便利です。
                 
ロマン:笛スキル全般… 防御力を上げたり、攻撃速度を上げたり、相手を妨害するスキルもあります。

まだまだ色々あるのですけど、書き切れないので、次回に書いてみます。
適性の組み合わせで、様々なヒーラーの形を書いてみますね。

♡ヒーラーの装備♡

ヒーラーの武器については、鈍器が一般的です。もっと可愛いものがあればいいのに…(////;)゜:。
黒曜石装備になると、片手槍も加わって3種類の選択肢があります。
でも、大きく分けてこの場合、盾を装備するかしないか、両手か片手かです。

両手武器を選んだ場合は、高い回復力を得る事ができます。その分、スキルに工夫をしないと
防御面が低い為に倒れやすい紙仕様に… (〃∇〃) ←ここに1人
高い回復力の代償として、防御が低くなるので、それを補う為にクレセントやアイテムなどでカバーしつつ
ファーストアルターなど武器防御を高くすることで延命したりがベストかも知れません。

一方で片手武器+盾で、少々回復力が落ちるもの
守りを固めて倒れにくいヒーラーに。(*'▽'*)b☆
精神盾を装備すると両手鈍器に負けない回復力になることもあります。

片手槍は現在は同じような回復力ですけど、韓国では鈍器に比べて回復力を減らされてしまっているので
日本でも減らされてしまうと思うので、鈍器が良いかもしれません。

回復スキルも回復量がまた減らされてしまって、逆に追加回復の回復量が増えているみたいです。
つまり回復クリティカルが重要になってくる可能性があって、これはもしかして
…ネックレス草原に光が…( ・`д・´;)ゴクリ…

IDなどの狩りPT・攻撃隊。
対人関係のPT・攻撃隊。

この2つで装備やスキルを変えて使い分けるのが良いかもしれません。
対人では守りを固めて、盾と片手鈍器
または、攻撃に参加して杖と鈍器など状況に応じた装備に変えたほうが良いかもしれません。

アクセサリーに詠唱時間を減少させるものなどを身につけていると便利です。
ダメージ減少もいいですね。(*´▽`)b☆
勇者の歪んだシリーズを装備したり、すべて集まったら勇者の証を使って手の装備を作るのもいいですね。
大変ですけど、回復クリティカルが発生したとき、治癒の遁走曲とレンジヒールを初期化してくれるんですよ。
あたしも、今集めていて後は仮面だけなんですけどね~ (*'~'*)ゞ なかなか出ません。

最後に、ステータスで回復量と回復力とあるのですけど、武器・防具視点とステータス視点とあって
ちょっと紛らわしいんですよね。
武器のムーンライトの回復量% これは回復力に+されて回復する%です。
クレセントの回復力もわかる通り底上げ用です。

問題は防具についてある回復量と防具用のムーンライトの回復量ですね。
これは自身に掛かる回復量のアップです。
どちらかと言えばタンクさんなどHPが多い人が高いと良いものです。
ここは間違えないように気を付けたいですね。(´・ω・`)

一般的なヒーラーの事だったけど、、ちょっと長くなりましたね(////;)ゞ゜:。
次回は、ヒーラーの職種別に書いてみたいと思います。
上手く書けるといいですけどね。

それでは、今回はこれで。

ご紹介の曲は、瀧川ありささんで『 さよならのゆくえ 』です。




いつもどこかで

のんびりまったり

今日もてくてく

             

コメント

コメントの投稿

URL
comment
pss
Secret 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://tekutekurideimu.blog39.fc2.com/tb.php/1206-5f400726