2014_06
29
(Sun)13:28

初心者さんのオークション入門

お昼まで行事があったので出勤してました。(*'▽'*)
夕方からは、また夏休み中の行事について会議があるので、また出勤しないといけません。
忙しいですけど、お仕事に復帰した実感が持てますね~(*´艸`*)♡

爽やかな1日の始まりです(*'▽'*)

こんにちわ~☆リディムです(*'▽'*)

久しぶりに、すっきりとしたいいお天気に恵まれました。
雨が続くのは嫌ですが、陽射しがきついのも我儘ですが嫌ですね…(////;)゜:。
木陰から太陽を眺めるっていうくらいが1番いいのかも知れませんけど、子供たちは元気に走り廻ってました。

やっぱり、雨が続くと室内で遊ぶしかなくなるから、子供達にとって楽しいイベントになった感じですね。
朝、8:30に集合して、9:00頃から手遊びや読み聞かせ、ゲームなどをしたのですけど、笑顔がいっぱいで
こちらも元気をもらいました(*´艸`*)♡

帰宅してお昼ごはんを食べて、夕方まではのんびりしたいと思います(*'▽'*)。

さて、アーキエイジなんですけど
黒曜石の素材を揃えたりすることで、なんだか周りも慌ただしく動いています。
あたしも、黒曜石の武器を作ろうかなって考えたのですけど、まず「マナが放出したマスター武器」を揃えてないこと、
武器の熟練度が0だったことから、少しのんびり揃えることにしました。

この黒曜石の武器は、今慌てて無理に揃えなくても、たった1ヶ月ほどで売り切れなくて溢れてくると思いますし
作っている人に起きる事は、労働力不足とサンアーキウム不足です。
なので、自分で自給自足できる状態をじっくり作るのもいいかも知れませんね。(*´▽`)ゞ☆

武器に限らず、消費労働力が上がって尚且つ熟練度も上げやすくなってますから、10000まで上げれば
課金の熟練度向上スクロールを使って、すぐにマスターくらいなら作れるようになりますから。
まったり頑張りましょうね~☆(ノ´∀`*)ネッ♡

今日はオークションの話です。
売りたい物や買いたい物がある場合、多くの人がオークションを利用すると思います。
初心者の人達も、「蜃気楼の島」へ行くゲートの入り口に管理人がいることは多分知ってると思います。

基本的なオークションの事を知れば、もっと快適なアーキライフが送れると思うので
参考にしてくださいね(*'▽'*)b☆

欲しい物を探してみる。

オークション管理人に話しかけると、オークションの画面が表示されます。
上部のタブで、『入札』『出品』『入札履歴』を見ることができます。

買いたいと思ったら、まず『入札』にします。(最初から入札になってると思いますけど)
左端に武器、防具、アクセサリー…などと分類されているので、欲しいものをクリックします。
すると、右の広いスペースに売りだされているものが表示されます (*´▽`)ン☆
色々商品があるので、検索してみると良いかもしれませんね。

ピンポイントで検索する。

検索の仕方も色々あります。
名前がわかっているものに関しては、その名前を上部のアイテム名入力のところへ入れて検索をします。
等級も選べますけど、今は等級は上げれるのであまり使わないことが多いかもですね。
名前はわからないけど、自分のレベルで装備できるものが欲しいというときは、レベルっていう空欄に
自分のレベルくらいまでの数値を入れるといいでしょう。

入札か即決か、資金に無理なく選びましょうね。

入札してみる。

実際に入札の画面をみると、名前、装備レベル、出品される時間、入札状況、そして入札価格があります。
出品されている時間は、その商品に入札できるタイムリミットだと解釈してください。

入札の価格が上下2種類あることに気が付いたでしょうか?(*'▽'*)
上の段の金額は、1回の入札に掛る費用です。
出品された時間の間に多く入札した人が競り落とす形になります、もし落札出来なかった場合は
お金は戻ってくるので心配しないでくださいね。 (*'▽'*)b♡

下の段にあるものが即決金額。
1回で即購入したいというときに選びます。

初心者が失敗する入札

よく初心者さんが失敗する入札の例に、入札と即決の値段の間違いというものがあります。
欲しいアイテムが見つかった→なんと50銀で。→よく見ずに嬉しくて即決。→でも、即決価格は1200金
一瞬で貧乏に… なんていうこともあります。
引っ掛けて買わせようという悪い人もいますから、よく上下の金額を見て買うようにしてくださいね(*´▽`)

出品する際は手数料が掛ることも忘れずに!

出品してみる。

物を売りたいなぁって思ったら、アイテムを登録してみましょうね(*´艸`*)☆
上部のタブを『出品』に変更して、インベントリにあるアイテムを左クリックしてみましょう。
オークションウィンドウにある小さな四角の中に、売りたいアイテムが入ればOKです。

そうすると、入札開始価格と即決価格の調整をすることになります。
もし同じ商品が売られていた場合、即決価格に現在売りだされている価格が表示されます。
それを基準に考えてくださいね~☆

武器や防具など単品物を売り出す場合と違って、消費アイテムは1個あたりの単価を設定しないといけません。
間違うとすごく大変です。
でも、1個あたりの単価ってわからないっていう人は、入札画面に戻って自分が売るものを検索して
入札価格や即決価格の書いてある場所にカーソルを当ててみましょう。
すると1個の単価がどれくらいで設定してあるのかがよく分かります。(* >ω<)b☆

梅雨明けも近くなってると思います^ー^

初心者さんの出品でのよくある失敗

いくつかありますけど、大きく2つ例をあげたいと思います。
1つは、消費アイテムなどで1個の単価を間違えて大きく設定してしまうこと、1000個ある消費アイテムを5銀で設定します。
この場合は50金になりますけど、間違って5金で設定しまうと500金に。
50金で売りたいから、間違って単価設定に50金って入れてしまうと…もう手数料が大変な事に…(pдq`。)゜:。
よく確認して、なるべくなら、オークションを利用する場合はあまり不必要なお金は持ち歩かないで、使うと決めた分を
持ってくるといいと思います。(*'▽'*)b☆
あたしも、持ち歩くお金と金庫のお金は別にしてます。(基本的に500金くらいでしょうね。持ち歩くのは)

もう1つは、入札開始価格の設定ミスです。

これはあたしも失敗したことがあるのですけど、このオークションの欠点なんですけど
ヤフオクみたいなオークションと違って…

入札が一度始まったアイテムは、キャンセルすることができません (´・ω・`)

50金で販売したいけど、入札開始価格は2金にしよう→入札が始まる→まだ7金→販売したい最低価格まで遠いからキャンセルしたい→出来ない→結局7金で落札されてしまった・・・ って感じです。
低価格の入札開始価格は、目に付きやすいのですけど、このキャンセルができない仕様があるので
落札者達は、時間ギリギリまで入札しないで待ちます。

だから、希望の金額に上がることは、まずありません。
ここは断言します。

希望の金額には上がりません ( ー`дー´)* 

なので、最低価格は避けて、損をしないように気を付けてくださいね。

手数料が掛ることを忘れない。

出品して販売すると、取引の手数料が掛ることを忘れないようにしましょう。
なので販売するときに1割ほど価格を上乗せして販売するのが賢いやり方です。
例を言うなら、48金のものが落札された場合、手数料に4金80銀差し引かれてしまう感じです。
48金で売りたいと思ったら、そこにこの手数料を上乗せして考えてくださいね。
登録の際に掛る手数料も同じです。(*'▽'*)b

いかがですか?使い方が分かってきましたか?
でも、やっぱりやってみないとわからないですよね~(////;)゜:。

最初は、あまり大きな金額のアイテムじゃなく、安価なアイテムを落札したり
出品したりして、オークションになれていきましょうね。

それでは、今回はこれで。

ご紹介の曲は、GReeeeNさんで『 HEROES 』です。



いつもどこかで

のんびりまったり

きょうもてくてく (*´▽`)b♡





コメント

うん、よく見ないとね~

ここ最近 オークションの利用が多いです、買うも売るもですが
トラクターの時が一番利用したかな?
落雷した木・炎の丸太?庭園の不思議な粉・など かな?
今の自分では逆立ちしても、どう転んでも作れないものでしたからね
リディム☆さんでも0経験値の熟練度ってのがあるんだ~
って、見習い・熟練の自分が言う言葉じゃないね
まっ ボチボチですかね

2014/07/01 (Tue) 10:02 | かぐやひめ | 編集 | 返信

戦闘以外のもの

かぐやひめさん>>

7月に入ると色々忙しくて、お返事が遅くなってしまいました。
ごめんなさいUU。
そうですね~(*'▽'*) 戦闘以外の事を優先していたので
消費アイテム系を生産するのでいっぱいいっぱいだったんですよね。
武器を生産するのに、鉱石を掘ったりしないといけないんですけど、
採掘もあたしは低いですね(////;)゜:。 

2014/07/07 (Mon) 23:30 | リディム | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック